ゴルフ専科

ゴルフのニュースをお届けします

未分類

V争いでケガをしていたローズ、励ましたガルシア 勝者も敗者も称えられるべき名勝負(ゴルフ情報ALBA.Net)

投稿日:

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net

<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

美人のフィアンセと抱き合うセルヒオ・ガルシア

アーノルド・パーマー(米国)への追悼と、盟友ジャック・ニクラス(米国)、ゲーリー・プレーヤー(南ア)の涙で始まった81回目の「マスターズ」。最後は遅れてきた神童に訪れた歓喜と、スポーツマンシップにあふれる名勝負の残したさわやかな空気の中で幕を閉じた。

サンデーアフタヌーンのアーメンコーナー13番を抜けた時、2ストロークリードしていたのはジャスティン・ローズ。しかし、続く14番でセルヒオ・ガルシアがバーディを奪って差は1ストロークに縮まった。勝負の終盤戦。逃げるローズに異変が生じたのはその時だった。

15番パー5でティショットを打った瞬間、ローズはサングラスの奥の顔をしかめて一瞬その場から動けなくなる。昨年から持病となっている背中痛の影響で、今季は1週おきのスケジューリングにするなど試合数をセーブしてきたが、見た目以上にアップダウンのあるオーガスタナショナルGCでローズの体は悲鳴をあげていた。「ズキズキする痛みが途中から出ていた。特にフォロースルーの最後で体が伸びたときに、突っ張る感じがする。椎間板の違和感だ」。

その時、誰よりもローズを気にかけたのが、優勝を争うガルシアだった。動けないローズの背中に手を添えて、励ますように声をかける。それに応じたローズも口元に少しの笑みを浮かべて西日が照らすフェアウェイに歩き出した。ガルシアはその15番で会心のイーグル。ローズもバーディで並ぶ。16番に移動する時、今度は追いつかれたローズが先にホールアウトしていたガルシアの背中をポンと叩いて好プレーを称えるように笑いかけた。

終盤のしびれる争いになっても、互いが互いの好プレーにサムアップする光景はパトロン達の心を打った。最後はわずかのところで勝者と敗者に分かれたが、ローズを励まし続けたガルシアはもちろん、グッドルーザーとなったローズも称えられてしかるべき振る舞いだった。敗れはしてもローズはすがすがしく言った。「もちろん負けたことは心に残る。でも、負けるとしたらセルヒオだった。彼は勝つにふさわしい選手だ――」

【最終結果】
優勝:セルヒオ・ガルシア(-9)
2位:ジャスティン・ローズ(-9)
3位:チャール・シュワーツェル(-6)
4位T:マット・クーチャー(-5)
4位T:トーマス・ピータース(-5)
6位:ポール・ケーシー(-4)
7位T:ケビン・チャペル(-3)
7位T:ローリー・マキロイ(-3)
9位T:アダム・スコット(-2)
9位T:ライアン・ムーア(-2)
11位T:リッキー・ファウラー(-1)
11位T:松山英樹(-1)
11位T:ジョーダン・スピース(-1)他

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

-未分類

関連記事

no image

野村敏京は後半失速33位「流れに乗れなかった」(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(16日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72) 【画像】ホールアウトした野村敏京を出迎えるように見下ろすト …

no image

セルヒオ・ガルシアが世界7位に浮上!松山英樹は4位で変わらず(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net <男子世界ランキング> 米国男子メジャー「マスターズ」終了時の男子世界ランキングが発表され、悲願の初メジャー制覇を達成したセルヒオ・ガルシア(スペイン)が前回の11 …

no image

派手な見た目だけじゃない アン・シネが見せるプロ意識(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

出展元:ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) ◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(5日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6670yd(パー72) 【画像】アン・シネの悩まし …

no image

トップ3は混戦模様 注目アン・シネの順位は?/女子世界ランク(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

出展元:ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 5月8日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、米国女子ツアー「ロレーナ・オチョア マッチプレー」で優勝したキム・セヨン(韓国)が12位から8位に順位 …

no image

【どこよりも早いスイング解説】鍋谷太一のオーソドックス&ダイナミックスイング(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net 2017年の男子ツアーが国内で本格開幕を迎えた。今シーズン注目選手のスイングをツアー通算2勝の谷口拓也が解説する。ファイナルQTで13位に入り、今季前半戦の出場権を …