ゴルフ専科

ゴルフのニュースをお届けします

未分類

「目まぐるしい」を乗り越えたJ・ダフナーの勝利の背景【舩越園子コラム】(ゴルフ情報ALBA.Net)

投稿日:

今週は目まぐるしい1週間だった。29日の月曜日にはタイガー・ウッズ(米国)が逮捕され、世界に衝撃が走った。

衝撃…逮捕時タイガーのうつろな表情

「ザ・メモリアル・トーナメント」開幕前には大会ホストのジャック・ニクラウスが「最近の若いもんは…」と少々苦言を呈した。故障やそれぞれの事情、出場スケジュールを堂々と優先させる昨今の若い選手たち。「私たちの時代は、ちょっとぐらい体が痛くても痛いとは言わず、試合に出たものだ」とは、帝王の言。

ニクラウスの大会(メモリアル)、パーマーの大会(アーノルド・パーマー招待)、ネルソンの大会(AT&Tバイロン・ネルソン)。レジェンドの名を冠した大会であっても理由を付けて欠場する選手たち。「歴史の偉人に対するリスペクトが減っている」と米メディアのベテラン記者たちも口を揃える。

しかし、それは無理もないのかもしれない。そうしたレジェンドに「一度も会ったことがない」という若い選手に対し、「レジェンドを尊敬して彼らの試合に出なさい」と無理強いすることはできない。

時代の変化、なのだろう。だが、「昔」を知る者たちにとっては少し淋しい気もしてしまう。

そして、昨今の若い選手の筆頭、世界ナンバー1のダスティン・ジョンソン(米国)は、マスターズの際に階段から転落して腰を痛めて以来、それ以前のような「無敵のDJ」に戻り切れてはいない。今週は初日に“78”を叩き、予選落ち。そんな展開になることをマスターズ前に一体誰が予想できたであろう。

大会3日目のラウンド後には、米国の国民的スターであるフィル・ミケルソンが長女のハイスクールの卒業式を優先し、全米オープンを欠場する可能性が濃厚であると発表した。

全米オープンで優勝すればキャリア・グランドスラム達成となる。だが、それよりも家族を優先するミケルソンの決断は、米国では「さすがだ」と絶賛されている。

そんなふうに次々にいろんなことが起こる中、優勝争いに浮上したのはジェイソン・ダフナー(米国)だった。オハイオ出身の地元選手。2000年にプロ転向し、現在40歳。ダフナーの人生にも次々にいろんなことが起こった。

下部ツアー時代からパットの名手と呼ばれながら、米ツアーではなかなか勝てず、かつては親友の今田竜二にパットのアドバイスをした途端、今田が初優勝を挙げたという出来事は今も忘れられない。

ダフナー自身は2012年に「チューリッヒクラシック」で初優勝を挙げ、同年5月に「バイロン・ネルソン選手権」で2勝目を達成。

半分眠っているような顔で両足を投げ出して床上に座る「ダフナリング」が大流行したのは2013年の春だった。

その年の夏、全米プロでメジャー初制覇。美人妻アマンダ(当時)との熱い抱擁を世界へ披露したが、2014年からは首痛に悩まされ、アマンダとは不仲になって離婚。2016年のキャリアビルダーで4勝目を挙げたが、今季は振るわず、フェデックスカップランク56位、世界ランク65位まで後退していた。

かつてのパットの名手は、昨今は皮肉にもパットに苦悩。だが、禅を好むダフナーは、呼吸を整え、深く吸った息を吐いたときにセットアップに入るという独自の方法を見い出し、それが功を奏して今週の米ツアー5勝目につながった。

とはいえ、65-65で回った予選2日間とは一転して、3日目には“77”と崩れ、一度は優勝から遠ざかった。

最終日は勢いを取り戻したが、リッキー・ファウラー、ジャスティン・トーマス(ともに米国)といった若者たちとの大混戦へ突入。終盤は雷雨サスペンデッドに見舞われながらも集中力を維持し、2位に3打差で勝利を挙げた。

「いろんなことがあったけど、勝つことができた」

いろんなことが次々に起こった1週間は、いろんなことを経験したダフナーの勝利で幕を閉じ、彼のフェデックスカップランクは一気に13位へ上昇。チャンピオンの傍らには新しい恋人の姿。雨あがりのオハイオの夜は、すっかり静寂に包まれた。

もしかすると、それは新たなる嵐の前の静寂なのかもしれない。明日からの新しい1週間は、新たにいろんなことが次々に起こり、もっと目まぐるしい日々になるのかもしれない。ゴルフの人生も、だからこそ面白い。

文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

-未分類

関連記事

no image

梁津萬が2年ぶり2勝目 藤田寛之は4位で終える(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

no image

カン・スーヨン、優勝会見でビックリ!宮里藍の引退知らなかった(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net <リゾートトラスト レディス 最終日◇28日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)> 【関連写真】7年ぶりの奈良決戦はベテラン3人の三つ巴に フォ …

no image

【どこよりも早いスイング解説】70歳のレジェンドは体重移動で飛ばす!(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net 御年70歳、ツアー通算112勝のジャンボこと尾崎将司。今年、結果を出さなければクラブを置くと背水の陣で臨んでいるレジェンドの今年のスイングをツアー通算2勝の谷口拓也 …

no image

プレーオフでOB…宮本勝昌は「今までの2位の中で群を抜いて悔しい」(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net <パナソニックオープン 最終日◇23日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)> 稲村亜美が聞く!男子プロの“神スイング”の持ち主は!? プ …

no image

宮里優作が3打差3位で決勝へ「アニキの分までがんばりたい」(ゴルフ情報ALBA.Net)

出展元:ゴルフ情報ALBA.Net <日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇12日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)> 愛する妹も応援にかけつけた 地元での …